カメラによる遺伝子検査ツールSTH-PASの読み取り手法の開発


近年,医療・食品分野における各種遺伝子検査を簡易・迅速 ・安価に行うための手法のSTH (Single- strand Tag Hybridization) 法が開発されています.この検査手法は,PASと呼ばれる検査試験紙に検査サンプルとSTH試薬を混ぜたものを浸けクロマト展開させることで,もし標的遺伝子がサンプル中に存在すれば所定の位置が呈色反応し,クリアな青色のライン(以下シグナル)が表出します.この検査は目視で確認することで行われます.本研究室では,検査中の目視で判定する工程をスマートフォン上のアプリケーションで置き換えることで,検査にかかる時間を短縮するとともに検査の誤判定を無くすこと目的として研究を進めています.

LSDによるPSD画像