About Us


伊藤(久)研究室について

伊藤(久)研究室は,2019年度に学部の体制が変更されたことにともない,旧ヒューマンインタフェース学講座(HI研)から独立するかたちで発足した,コンピュータ工学コースの研究室です。同じくHI研から独立したプリマ研究室(人工知能コース)とは,現在も多くのリソースを共有し,協力しながら活動しています。

映像や音声などのメディア情報処理の技術・ヒトの認知と知覚に関する知見・ものづくりの実践にもとづき,新しいコンピュータの入出力手法の開発を通して,ヒトとコンピュータの関係をよりよくすることを目標としています。

Research Projects


現在の研究テーマ

「持ち運べるドームVR」の開発

広い視野を提示映像で覆うタイプのバーチャルリアリティ(VR)は,利用者以外の人が体験の様子を見ることができる利点があります。設置・撤収・運搬のしやすさを想定し,パネルを連結して組み立てるジオデシックドーム型のスクリーンを用い,利用者の視点から映像を歪みなく見えるようにするための補正手法と組み合わせ,「持ち運べるドームVR」を実現します。

一目で全方位を見渡す

全天球カメラなどの機器の普及により,一度に見渡せない範囲の映像を容易に得られるようになっています。このような映像から,正面から背面までの周囲をアスペクト比16:9の画面で一覧できるようにするための変形加工の方法を開発・評価します。この方法を用いることで,側方や後方の視界を個別の映像で提示する手法とは異なり,どの方位も死角がなく連続的に見えるようになります。

没入感を高める映像提示を探る

視野角が広い映像は没入感が高まることがわかっています。また,視聴者の視点に合わせて提示する映像を適切に変化させることでも没入感は向上します。これらの要因を組み合わせ,視点(頭部)の位置に合わせた映像提示は視野角の変化に応じて没入感へ与える影響がどのように変化するのかを検証します。これにより,VRにおける効率の良い映像提示の目安を得られます。

Other Works


共同研究・教育などの取り組み

鶏卵の表面検査

画像処理技術を応用し,鶏卵の表面にある凹凸や汚れを検査するための機構を開発しています。

株式会社岩手エッグデリカ

水中における動作の分析

ステレオカメラを利用した水中での3次元身体姿勢の動作を分析するシステムの開発を行いました。

久慈市経済産業部観光交流課

講義支援用Webアプリ

学生が授業中にスマートフォンから匿名で投票に参加したり,自由にコメントを投稿できるシステムを開発し,講義で活用しています。

Contact


〒020-0693 岩手県滝沢市巣子152-52
岩手県立大学ソフトウェア情報学部
伊藤 久祥(ひさよし)
hito@iwate-pu.ac.jp