全天球カメラを利用した対話時の行動分析システムの開発


対話などの対人コミュニケーションにおいて,表情や仕草といった非言語コミュニケーションは,話者の印象に大きく影響するといわれています.このようなコミュニケーションを定量的に評価するため,表情や顔向きなどの会は場面の行動を時系列に観察する必要があります.しかし,従来の手法では評価に直感的および主観的な判断が働くという課題が指摘されています.本研究室では非言語コミュニケーションの自動分析するシステムの開発を行ってきました.しかし,体の動き(ジェスチャー)については同じジェスチャーでも人によってにかかる時間に個人差があるため,自動的に分析することが困難でした.そこで,本研究では,動作時間が異なるジェスチャーを自動分析するシステムの開発を試みました.今後は,教育現場における面接練習やコミュニケーションスキルのトレーニングなどの実際の場面での有用性について検討していきます.